プラグインハイブリッドシステムの駆動用電池の充電前に知っておいてほしいこと

ブックマーク
あとで読む

車両に普通充電ケーブルを接続して充電を行う前に、必ず次の事項をご確認ください。

知識

安全機能
  • 車両に普通充電ケーブルが接続されているときは、パワースイッチを操作してもハイブリッドシステムを始動することはできません。
  • 「READY」インジケーターが点灯しているときに普通充電ケーブルを接続すると、ハイブリッドシステムは自動的に停止し、走行できなくなります。

警告

充電するときの警告

ペースメーカー(植込み型心臓ペースメーカー/植込み型両心室ペーシングパルスジェネレータ)装着のお客様は、充電の操作はご自身ではなさらず、ほかの方にお願いしてください。

  • 充電時は、普通充電器(スタンド)、普通充電ケーブルに近付かないでください。充電により、ペースメーカーの動作に影響を与えるおそれがあります。
  • 充電中は車内にとどまらないでください。充電により、ペースメーカーの動作に影響を与えるおそれがあります。
  • ものを取るときなどに、ラゲージルームなど含めた車内に入り込まないでください。充電により、ペースメーカーの動作に影響を与えるおそれがあります。
車両に充電ケーブルが接続されているとき

シフトレバーを操作しないでください。万一、充電ケーブルが故障していた場合、シフトポジションがP からほかのシフトポジションに切りかわることがあり、車両が動いて思わぬ事故につながるおそれがあり危険です。

この車は一般家庭用のACコンセントに接続して駆動用電池を充電できます。ただし、一般的な電気製品とは次の点が大きく異なります。

  • 200Vでの普通充電時は、長時間にわたって大電流が流れる
  • お客さまの充電環境によっては、充電作業が屋外で行われる

取り扱いを誤ると火災や感電事故が発生するおそれがあります。充電作業は、本書で説明している内容をよくお読みいただいた上で、正しい手順に沿って行ってください。

また、次の点について特にご留意ください。

  • 子どもなど、不慣れな方だけで充電作業を行わないでください。また、普通充電ケーブルは幼児の手の届かない場所で保管してください。
  • 普通充電器(スタンド)で充電する場合は、機器の使用手順に従って作業を行ってください。
  • 公共の普通充電器(スタンド)で充電する場合は、タイマー充電の設定状態を確認してください。
    • 充電スケジュールが登録されているときは一時的にOFFにするか、[‍今すぐ充電‍]をONにしてください。
    • 充電スケジュールがONになっていると、普通充電ケーブルを接続しても充電が開始されません。また、充電が開始しなくても、普通充電ケーブルを接続したことで課金される場合があります。

充電する前の確認事項

充電する前に、必ず次の点をご確認ください。

  • パーキングブレーキが確実にかかっていること
  • ヘッドランプ/非常点滅灯/室内灯といったランプ類が消灯していること

    ランプ類が点灯していると、それらの機器に電力が消費され、充電時間が長くなります。

  • パワースイッチがOFFになっていること
  • 普通充電ケーブル各部の状態に異常がないこと
  • AC外部給電システムを使用していないこと
  • 非常時給電システムを使用していないこと

知識

充電中は
  • 車両の状態により、充電が開始されるまでの時間が異なる場合がありますが、異常ではありません。
  • リヤシート付近から冷却用ファンの音が聞こえることがあります。
  • 充電中は、空調システムおよび駆動用電池冷却の作動にともない、駆動用電池付近から音が聞こえることがあります。
  • 充電中/充電完了後は、充電器が搭載されているリヤシート周辺が温かくなることがあります。
  • コントロールユニットの表面が温かくなることがありますが、異常ではありません。
  • 電波の状況によっては、ラジオに雑音が入ることがあります。
  • マルチインフォメーションディスプレイの画面で、現在の充電状態や、充電完了までの時間の目安を確認することができます。
駆動用電池の容量低下

駆動用電池は使用していくうちに、徐々に電池容量が低下していきます。低下する割合は車の使い方、使用環境により異なります。電池容量の低下を抑えるために、次のことを心がけてください。

  • 満充電状態での高温炎天下での駐車は極力避ける
  • EV走行中にひんぱんな急加速、急減速をしない
  • EV走行の最高車速付近での走行を控える
  • 長期間、運転をしないときは駆動用電池の残量を少なくしておく

    自動的にEVモードまたはAUTO EV/ HVモードからHVモードに切りかわるのを確認してから、パワースイッチをOFFにしてください。

  • 充電は走行開始前に満充電になるよう、タイマー充電を活用する

なお、電池の容量が低下するとEV走行できる距離が減少しますが、車両性能などが著しく低下するものではありません。

充電後に駆動用電池の残量が低下するとき

次の場合、システムの保護のために、充電完了後の駆動用電池の残量が通常よりも少なくなる(満充電後のEV走行可能距離が短くなる) ことがあります。

  • 気温が低い、または高い環境で充電したとき
  • 高負荷走行の直後、かつ炎天下で充電したとき

上記に該当しないのに、充電完了後の駆動用電池残量が大幅に低下したときは、レクサス販売店で点検を受けてください。

駆動用電池への充電量が減少するとき

普通充電器(スタンド)の供給電力が小さい、または駆動用電池ヒーターの作動等により駆動用電池への充電電力が小さくなった場合、駆動用電池への充電量が減少することがあります。

このページは役に立ちましたか?