ヘッドアップディスプレイ非装着車
zzcv05ja150b
  1. 水温計

    エンジン冷却水の温度を示します。

  2. 時計

    GPSの時刻情報(GPS時計)を利用して、時刻を自動で調整します。詳しくは別冊「‍マルチメディア取扱説明書‍」を参照してください。

  3. タコメーター

    毎分のエンジン回転数を示します。

    ハイブリッドシステムインジケーター

    ハイブリッドシステムの出力や回生レベルを示します。

    スピードメーター

    走行モードや設定によって表示が切りかわります。

  4. シフトポジション/シフトレンジ表示
  5. 外気温

    外気温度を-40°C~60°Cのあいだで表示します。

  6. 燃料計

    燃料残量を示します。次の場合、実際の燃料残量が正しく表示されないことがあります。

    • 少量給油(約5L以下)を行ったとき
    • 坂道など傾いた場所に停車したとき
    • 坂道やカーブを走行したとき
  7. オドメーター/トリップメーターディスプレイ
  8. マルチインフォメーションディスプレイ

    走行に関する様々な情報を表示します。車両に異常が発生したときは警告メッセージを表示します。

  9. ドライブモードのカラー背景

    ドライブモードによって背景色がかわります。

ヘッドアップディスプレイ装着車
zzcv05ja143b
  1. 水温計

    エンジン冷却水の温度を示します。

  2. 時計

    GPSの時刻情報(GPS時計)を利用して、時刻を自動で調整します。詳しくは別冊「‍マルチメディア取扱説明書‍」を参照してください。

  3. ナビゲーションシステム連携到着予定時刻表示

    ナビゲーションシステムと連携して、目的地の到着予定時刻を表示します。

  4. タコメーター

    毎分のエンジン回転数を示します。

    ハイブリッドシステムインジケーター

    ハイブリッドシステムの出力や回生レベルを示します。

    アナログスピードメーター

    走行モードや設定によって表示が切りかわります。

  5. シフトポジション/シフトレンジ表示
  6. デジタルスピードメーター
  7. 外気温

    外気温度を-40°C~60°Cのあいだで表示します。

  8. 燃料計

    燃料残量を示します。次の場合、実際の燃料残量が正しく表示されないことがあります。

    • 少量給油(約5L以下)を行ったとき
    • 坂道など傾いた場所に停車したとき
    • 坂道やカーブを走行したとき
  9. オドメーター/トリップメーターディスプレイ
  10. マルチインフォメーションディスプレイ

    走行に関する様々な情報を表示します。車両に異常が発生したときは警告メッセージを表示します。

  11. ドライブモードのカラー背景

    ドライブモードによって背景色がかわります。

  12. 航続可能距離

    現在の燃料残量で走行可能なおよその距離を表示します。

知識

メーター/ディスプレイの作動条件

パワースイッチがONのとき

エンジン回転数

ハイブリッド車のエンジン回転数は、燃費の向上や排気ガス低減などのため、ち密に制御されています。

走行条件や運転条件が同じでも、エンジン回転数が異なる場合があります。

外気温度表示
  • 次の場合は、正しい外気温度が表示されなかったり、温度表示の更新が遅くなったりすることがありますが、故障ではありません。
    • 停車している時や、低速走行(約25km/h以下)のとき
    • 外気温度が急激に変化したとき(車庫、トンネルの出入り口付近など)
  • 「--」または「E」が表示されたときは、システム異常のおそれがあります。

    レクサス販売店で点検を受けてください。

航続可能距離
  • 運転履歴から学習した燃費と現在の燃料残量から算出した走行可能な距離を表示します。使用環境(気象、渋滞など)や運転方法(急発進、エアコンの使用など)に応じて燃費がかわるため、実際に走行できる距離とは異なります。
  • 燃料給油量が少量(約5L以下)のとき、表示が更新されないことがあります。この場合、燃料計の表示と共に更新することができます。
液晶ディスプレイ

ディスプレイに小さな斑点や光点が表示されることがあります。

これは液晶ディスプレイ特有の現象でそのまま使用しても問題ありません。

フリー/オープンソースソフトウェア情報について

本製品はフリー/オープンソースソフトウェアを含んでいます。このようなフリー/オープンソースソフトウェアのライセンス情報やソースコードの両方またはどちらか片方は以下のURL で入手することができます。

https://www.denso.com/global/en/opensource/meter/toyota/

警告

画面の温度が極めて低いときは、画面表示の切りかえが遅れる場合がありますので、車室内を暖めてからご使用ください。

例えばシフトレンジ表示を使用した場合、シフト操作をしてもすぐにシフトレンジの表示が切りかわらないことで運転者がダウンシフトしなかったと誤解し、再度ダウンシフトすることによって急激に過度のエンジンブレーキがかかり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

注意

エンジンや構成部品への損傷を防ぐために、次のことをお守りください。

  • タコメーターが表示されているときは、タコメーターの針がレッドゾーン(エンジンの許容回転数をこえている範囲)に入らないようにしてください。
  • 水温計の針がHのレッドゾーンに入ったときや、「エンジン冷却水高温 安全な場所に停車して取扱書を確認してください」が表示されたときは、オーバーヒートのおそれがあるため、ただちに安全な場所に停車してください。完全に冷えたあと、エンジンを確認してください。

ハイブリッドシステムインジケーターの見方

ハイブリッドシステムの出力や回生レベルを示します。

イラストは説明のための例であり、仕様によって表示は異なります。

zzcv05ja083a
  1. チャージエリア

    回生ブレーキ機能により、エネルギーを回収している状態を示します。

    回生した電力は、駆動用電池を充電します。

    (ここでの「回生」の意味は、運動エネルギーを電気エネルギーに変換することです。)

  2. エコエリア

    エコ運転(環境に配慮した走行)をしている状態を示します。

    インジケーターのバー表示をエコエリアに保つことで、エコ運転が可能です。

  3. パワーエリア

    全開走行時など、エコ運転の範囲を超えている状態を示します。

  4. ハイブリッドエコエリア

    ガソリンエンジンの動力を使用しない状況を多く含む状態を示します。

    ガソリンエンジンは、各種の条件により自動的に停止/再始動します。

タコメーター/ハイブリッドシステムインジケーター/スピードメーターの表示きりかえ

走行モードや設定に応じて、次のように表示が切りかわります。設定はセンターディスプレイで変更できます。

ヘッドアップディスプレイ非装着車

  • タコメーター

    メーター表示タイプの設定がタイプ1またはタイプ3の状態で、次のときにタコメーターが表示されます。

    • タコメーター切りかえの設定が常時タコメーター表示のとき
    • タコメーター切りかえの設定が自動切りかえの状態で走行モードがスポーツモードのとき
  • ハイブリッドシステムインジケーター

    メーター表示タイプの設定がタイプ1またはタイプ3の状態で、次のときにハイブリッドシステムインジケーターが表示されます。

    • タコメーター切りかえの設定が常時ハイブリッドシステムインジケーター表示のとき
    • タコメーター切りかえの設定が自動切りかえの状態で走行モードがスポーツモード以外のとき
  • スピードメーター

    常に表示されます。

    メーター表示タイプの設定によって表示がデジタルスピードメーターやアナログスピードメーターに切りかわります。

ヘッドアップディスプレイ装着車

  • タコメーター

    メーター表示タイプの設定がタイプ1のときに表示されます。

    F SPORT:タイプ3の状態で、次のときにも表示されます。

    • タコメーター切りかえの設定が常時タコメーター表示のとき
    • タコメーター切りかえの設定が自動切りかえの状態で走行モードがスポーツモードのとき
  • ハイブリッドシステムインジケーター

    メーター表示タイプの設定がタイプ1のときに表示されます。

    F SPORT:タイプ3の状態で、次のときにも表示されます。

    • タコメーター切りかえの設定が常時ハイブリッドシステムインジケーター表示のとき
    • タコメーター切りかえの設定が自動切りかえの状態で走行モードがスポーツモード以外のとき
  • スピードメーター

    デジタルスピードメーターが常に表示されます。

    メーター表示タイプの設定がタイプ2のときは、アナログスピードメーターも表示されます。

走行距離の表示を切り替える/走行距離をリセットする

次の表示項目を切りかえることができます。

  • オドメーター

    走行した総距離を表示します。

  • トリップメーターA/トリップメーターB

    リセットしてからの走行距離を表示します。トリップA/トリップBの2種類で使い分けることができます。

zzcv05ja081a

スイッチを押すごとに表示が切りかわります。

また、トリップメーター表示中に押し続けると、走行距離を0にもどします。

燃料計/航続可能距離を更新する

燃料計と航続可能距離は連動しています。少量給油後に燃料計と航続可能距離の表示が更新されない場合、次の操作を行うことで表示を更新することができます。

zzcv05ja081a
  1. 車両を平坦な場所に停車させます。
  2. [‍ODO/TRIP‍]スイッチを押してオドメーター/トリップメーターディスプレイをオドメーター表示に切りかえます。
  3. パワースイッチをOFFにします。
  4. [‍ODO/TRIP‍]スイッチを押したまま、パワースイッチをONにします。
  5. そのまま約5秒間[‍ODO/TRIP‍]スイッチを押し続け、オドメーターが点滅を開始したら手をはなします。

    オドメーターが約5秒間点滅したあと通常の表示にもどれば、更新は終了です。

合わせて見られているページ

このページは役に立ちましたか?