ボンネット

 
ブックマーク
あとで読む

ボンネットを開けるには

  1. ボンネット解除レバーを引く
    ボンネットが少し浮き上がります。
  2. レバーを引き上げて、ボンネットを開ける

知識

ボンネットの閉め方

ボンネット閉めるときは、少し高い位置(約 20 cm)から必ず落として閉めてください。

手で押して閉めると、ボンネットが片側のみロックされるおそれがあります。

補機バッテリーについて

この車両の補機バッテリーは、ラゲージルーム(助手席側)のカバー内にあり、エンジンルームには搭載されていません。

補機バッテリーがあがってしまったときは、エンジンルーム内にある救援用端子を使用して、処置を行います。(→ハイブリッドシステムを再始動するには

警告

ボンネットを開けたときは

パワースイッチをOFFにしても、しばらくのあいだ冷却ファンが作動する場合があります。冷却ファンが回転しているときはエンジンルーム内にふれたり、近付いたりしないでください。

走行前の確認

ボンネットがしっかりロックされていることを確認してください。
ロックせずに走行すると、走行中にボンネットが突然開いて、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

修理・車検・整備点検をする場合は

整備モードに切りかえる必要がありますので、必ずレクサス販売店にご相談ください。高電圧システムを使用しているため、取り扱いを誤ると、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

ボンネットを閉めるとき

手などを挟まないように注意してください。重大な傷害を受けるおそれがあり危険です。

エンジンルーム点検後の確認

エンジンルーム内に工具や布を置き忘れていないことを確認してください。
点検や清掃に使用した工具や布などをエンジンルーム内に置き忘れていると、故障の原因になったり、また、エンジンルーム内は高温になるため車両火災につながるおそれがあり危険です。

補機バッテリーの取り扱いについて

補機バッテリーがあがったときは

注意

ボンネットやダンパーステーへの損傷を防ぐために
  • ボンネットを閉めるときは、体重をかけるなどして強く押さないでください。
    ボンネットがへこむおそれがあります。

  • ボンネットには、ボンネットを支えるためのダンパーステーが取り付けられています。ダンパーステーの損傷や作動不良を防ぐため、次のことをお守りください。

    • ビニール片・ステッカー・粘着材などの異物をステーのロッド部(棒部)に付着させない

    • ロッド部を軍手などでふれない

    • ボンネットにレクサス純正品以外のアクセサリー用品を付けない

    • ステーに手をかけたり、横方向に力をかけたりしない

合わせて見られているページ

このページは役に立ちましたか?