普通充電ケーブル

★:

グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

メニュー
 
ブックマーク
あとで読む

普通充電ケーブルの機能や正しい取り扱い方法などについて説明しています。

警告

普通充電ケーブル/コントロールユニットを取り扱うとき

次のことを必ずお守りください。

お守りいただかないと、思わぬ事故の原因となり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

  • 普通充電ケーブルや電源プラグ/普通充電コネクター/コントロールユニットの分解/修理/改造をしない
    普通充電ケーブル/コントロールユニットに異常が認められた場合は、ただちに使用を中止してレクサス販売店にご連絡ください。

  • 普通充電ケーブルや電源プラグ/普通充電コネクター/コントロールユニットに強い衝撃を与えたり落としたりしない

  • 普通充電ケーブルを無理に折り曲げたり、ねじったり、引っ張ったり、引きずるなどの負担をかけない

  • 普通充電ケーブルを鋭利なもので傷付けたりしない

  • 電源プラグの端子を折り曲げたり異物を付けたりしない

  • 普通充電コネクター/電源プラグを水に浸けない

  • 普通充電ケーブルを熱器具等の高温物に近付けない

  • 普通充電ケーブル/電源プラグコードに負荷をかけない(コントロールユニット/普通充電コネクターに普通充電ケーブルを巻き付けるなど)

  • コンセント/電源プラグに負荷がかかる状態で使用したり、放置したりしない(コントロールユニットが接地せず、宙吊りになっているなど)

注意

普通充電ケーブルの取り扱いに関する注意

次のことをお守りください。お守りいただかないと、普通充電ケーブルや普通充電インレットの故障につながるおそれがあります。

  • 普通充電コネクターは、斜めになったり傾いたりしないよう、普通充電インレットにまっすぐ挿し込む

  • 普通充電コネクターを挿し込んだあとは、普通充電コネクターに無理な力をかけたり、こじったりしない。また、体や荷物などをぶつけないように注意する

  • 普通充電ケーブルを踏んだり、つまずいたりしないように注意する

  • 普通充電ケーブルを取りはずしたあとは、すみやかに所定の位置に片付ける

  • 普通充電コネクターを取りはずしたあとは、普通充電リッドを確実に閉める

普通充電ケーブルや関連部品などを取り扱うとき

普通充電ケーブルや関連部品などを取り扱うとき

寒冷時の注意

寒冷時は、普通充電ケーブル/電源プラグコードが通常より固くなることがあるため、固くなった状態で無理な力をかけないでください。普通充電ケーブル/電源プラグコードの損傷につながるおそれがあります。

安全機能

普通充電ケーブルに取り付けられているコントロールユニットは、次のような安全機能を備えています。

漏電検知機能

充電中に漏電を検知すると、自動的に電気を遮断し、漏電による感電や火災などを未然に防ぎます。

漏電検知機能により電気が遮断された場合は、エラーインジケーターが点滅します。(電気が遮断された場合の対処方法については、コントロールユニット上のインジケーターについてを参照してください)

自動チェック機能

漏電検知機能の作動に問題がないか、充電開始前に自動でシステムチェックが実施されます。

システムチェックの結果、漏電検知機能の異常が検出されると、エラーインジケーターの点滅でお知らせします。(→コントロールユニット上のインジケーターについて

温度検知機能

電源プラグに温度検知機能が搭載されており、充電中、コンセント側のゆるみなどにより電源プラグ部が発熱した場合に、充電電流を制御することで発熱を抑制します。

車両との通電の条件

電源プラグがコンセントに挿してあっても、普通充電コネクターが車両に接続されていないと、普通充電コネクターに通電されない構造になっています。

コントロールユニット上のインジケーターについて

各インジケーターの働き

3つのインジケーターで、それぞれ次の状態を示します。

  1. 電源インジケーター
    コントロールユニットに通電しているときに点灯します。
  2. 充電インジケーター
    充電中に点灯します。
  3. エラーインジケーター
    漏電が発生したとき、またはコントロールユニットに異常が発生したとき点灯または点滅します。

普通充電ケーブルの点検/お手入れ

安全にお使いいただくために、日常的に次の事項を点検してください。

警告

日常点検について

定期的に次のことを確認してください。

点検をしないで使い続けると、思わぬ事故の原因となり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

  • 普通充電ケーブルや電源プラグ/普通充電コネクター/コントロールユニットに破損などがないこと

  • コンセントに破損がないこと

  • コンセントの挿し込みがゆるくなっていないこと

  • 充電中に電源プラグが極端に熱くならないこと

  • 電源プラグの刃が変形していないこと

  • 電源プラグにほこり等の汚れがないこと

    電源プラグはコンセントから抜いて点検してください。また、点検の結果、普通充電ケーブルに異常が見つかった場合は、ただちに使用を中止して、レクサス販売店にご相談ください。

普通充電ケーブルのお手入れについて

汚れたときは固くしぼった布で汚れをふき取ったあと、乾いた布でから拭きしてください。

なお、水洗いは絶対に行わないでください。普通充電ケーブルを水洗いすると、充電時に火災や感電事故が発生し、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

長期間普通充電ケーブルを使用しないとき

電源プラグをコンセントから抜いておいてください。電源プラグやコンセントにほこりがたまり、過熱や発火の原因となります。

また、普通充電ケーブルは水気がない場所で保管してください。

合わせて見られているページ

このページは役に立ちましたか?