普通充電で接続可能な外部電源について(普通充電ケーブル装着車)

 
ブックマーク
あとで読む

この車両を普通充電するための外部電源は、ここで説明する要件を備えている必要があります。

充電作業を行う前に、あらかじめ次の事項をご確認ください。

警告

電気事故についての警告

車両の充電を行うときは、必ず本書に記載されている注意事項をお守りください。

必要要件を満たしていない電源を使用したり、記載されている禁止事項を守らずに充電を行ったりすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

知識

契約電力について

自宅の電源で充電する際は、契約電力をご確認ください。

充電する場合は、100V換算での契約容量が必要となります(例えば200V電源で16Aの場合、100V換算で32Aとなります)。必要な電力に応じた契約電力でないと、充電時にブレーカーが作動する場合があります。

※:

電力会社との電気契約の変更が必要になる場合があります。電気契約に関するご相談については、ご契約中の電力会社にお問い合わせください。

充電環境について
  • 必要な電力に対応した専用の普通充電器(スタンド)、または車両に搭載されている普通充電ケーブルを使用して、充電を行ってください。

    • 200V 電源で30A に対応した充電器(スタンド)を使用した場合、約6kW で充電されます。

    • 200V電源で16Aに対応した普通充電器(スタンド)または普通充電ケーブルを使用した場合、約3kWで充電されます。

  • 自宅で普通充電器(スタンド)を使用して充電するには、普通充電器(スタンド)の設置が必要です。普通充電器(スタンド)の設置については、販売業者にお問い合わせください。

電源について

  • 充電用コンセントには、必ず専用回路を設置してください。

  • AC200Vで16A(100V 換算で32A)の電流が流れてもブレーカーが作動しない(電流が遮断されない)コンセントに接続してください。

    ※:

    電力会社との電気契約の変更が必要となる場合があります。電気契約に関するご相談については、ご契約中の電力会社にお問い合わせください。

  • 分岐回路内に専用の漏電遮断器が設置されていることを確認してください。

    もし設置されていない場合は、必ず設置した上で車両の充電を行ってください。

    ※:

    建物の電気工事や、電流容量などのご相談については、電気工事業者などにお問い合わせください。

  • BEV/PHEV専用コンセントに接続してください。

    1. BEV/PHEV専用コンセントの例
      推奨コンセント型式:
      パナソニック製WK4322
    2. コンセント極配置
      JIS C 8303
      2 極 接地極(アース)付コンセント
      20A 250V
    3. 接地極(アース)
    ※:

    図は代表的な形状を示したもので、実際のコンセントとは形状が異なる場合があります。

知識

自宅の電源(コンセント)と普通充電ケーブルを使用して充電するとき

より安全に充電を行うために、次のような充電設備を設置することをおすすめします。

  1. 電線
  2. 分電盤
  3. 分岐専用回路内高速高感度形漏電遮断器
    万一、漏電が発生したときに住宅全体が停電する可能性を低減します。また、漏電発生時における人体への影響を最小限に抑えることができます。
  4. BEV/PHEV専用コンセント(→電源について
    BEV/PHEV専用コンセントは日々の使用に対する耐久性が確保されており、充電中に電源プラグがコンセントから脱落するのを防ぎます。
※:

手元スイッチを使うと、スイッチ操作でコンセントへの電気が遮断できるため、電源プラグの抜き挿しをより安全に行うことができます。

警告

電源についての警告

充電時に使用する外部電源については、必ず次のことをお守りください。
お守りいただかないと、思わぬ事故の原因となり、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

  • 安全のため、必ず接地極(アース)付きのコンセントに接続してください。

  • 必ずブレーカーおよび漏電遮断器が設置されたコンセントを使用してください。
    ブレーカーがないと、ショートなど異常時の過電流に対して安全を確保できません。

  • 抜止形のコンセントは耐久性が十分ではない場合があるため、充電用コンセントとしては常用しないでください。

  • コンセントと電源プラグは、必ず直接接続してください。
    コンセントとのあいだに分岐アダプターを接続したり、変換アダプターなどを接続したりしないでください。

  • 必ず車両に搭載されている普通充電ケーブルで届く範囲のコンセントに接続し、延長コードは使用しないでください。
    延長コードを使用すると、異常発熱や漏電検知機能(→漏電検知機能)が働かなくなるなどの原因になります。

  • 分岐用コンセントには接続しないでください。

  • 普通充電コネクターと普通充電インレットは、必ず直接接続してください。
    普通充電コネクターと普通充電インレットとのあいだに、変換アダプターや延長コードなどを接続しないでください。

合わせて見られているページ

このページは役に立ちましたか?