オートアラームとは、侵入を検知した場合に音と光で警報する機能です。オートアラームを設定すると、次のような状況でオートアラームが作動します。

  • ロックされたドアまたはバックドアが、スマートエントリー&スタートシステム・ワイヤレスリモコンを使わずにロック解除されたり、開けられたとき

  • ボンネットが開けられたとき

  • 侵入センサーが車内で動く物体を検知したとき(侵入者がガラスを割るなどして車内に乗り込んだとき)

  • 傾斜センサーが車両の傾きを検知したとき

    ※ G-Linkサービスをご利用のお客様へは、オートアラームが作動した場合メールやスマートフォンアプリへお知らせすることができます。G-Linkサービスの詳細は、別冊“マルチメディア取扱説明書”を参照してください。

オートアラームを設定/解除/停止する

ドアをロックする前の確認

オートアラームの思わぬ作動、および盗難を防ぐため、次のことを必ず確認してください。

  • 車内に人が乗っていないか

  • ドアガラスが閉じているか

  • 車内に貴重品などを放置していないか

オートアラームを設定するには

ドア・バックドア・ボンネットを閉め、スマートエントリー&スタートシステム・ワイヤレスリモコンを使ってロックします。30秒以上経過すると、自動的に設定されます。

オートアラームがセットされるとインジケーターは点灯から点滅にかわります。

オートアラームを解除/停止するには

次のいずれかを行ってください。

  • スマートエントリー&スタートシステム・ワイヤレスリモコンを使ってドアまたはバックドアをロック解除する

  • パワースイッチをACCまたはONにするか、EVシステムを始動する(数秒後に解除・停止します)

知識

オートアラームの設定について

ボンネットを開けていても、すべてのドアが閉じていれば、オートアラームは設定できます。

メンテナンスについて

オートアラームシステムのメンテナンスは不要です。

G-Link(ご契約のお客様のみ)
  • うっかり通知機能によって、ロックのし忘れや非常点滅灯の消し忘れ、ドアガラスの閉め忘れを、メールやスマートフォンアプリへお知らせすることができます。

    うっかり通知機能は車内の電子キー検知を使用しているため、スマートエントリー&スタートシステムが正しく作動しない場合は、うっかり通知機能が正しく働かないことがあります。

  • リモート確認機能によって、ドアの開閉やロックの状態、非常点滅灯の点滅状態、電子キーの車内への置き忘れなどをスマートフォンアプリで確認できます。

G-Linkサービスの詳細は、別冊“マルチメディア取扱説明書”を参照してください。

オートアラームの作動について

次のような場合、オートアラームが作動することがあります。オートアラームを解除・作動を停止する操作を行ってください。

  • メカニカルキーを使ってドアをロック解除したとき

  • 車内に残った人が、ドア・バックドア・ボンネットを開けたり、ロック解除したとき

  • ロック後、補機バッテリーあがりなどで補機バッテリーの充電や交換をしたとき(→補機バッテリーあがり

オートアラーム作動によるドアロック機能

次のような場合、車内への不正な侵入を防止するため自動的にドアがロックされることがあります。

  • 車内に残った人がドアをロック解除し、オートアラームが作動したとき

  • オートアラーム作動中に車内に残った人がドアをロック解除したとき

  • 補機バッテリーあがりなどで充電・交換したとき

注意

オートアラームを正常に作動させるために

システムの改造や取りはずしをしないでください。システムが正常に作動しないおそれがあります。

侵入・傾斜センサー

侵入・傾斜センサーの検知について

  • 侵入センサーは、車内に不正に入り込んだ侵入者の動きを超音波で検知するセンサーです。侵入者の動きで検知するため、ドアを開けずガラスを割って入り込んだ侵入者なども検知できます。

  • 傾斜センサーは、車両の傾きの変化を検知するセンサーです。けん引などで車が盗難される場合などを検知します。

このシステムは、車両盗難を防止または抑止する機能であり、すべての侵入に対する完全なセキュリティを保証するものではありません。

侵入・傾斜センサーを停止する

車内で動くものに反応するため、ペットや動くものを車内に残すときは、必ず侵入・傾斜センサーを停止してからオートアラームを設定してください。

  1. センターディスプレイのショートカット画面表示スイッチをタッチします。(→エアコン操作スイッチについて
  2. “セキュリティセンサー”をタッチします。
    操作したシンボルが白色に変わり、侵入/傾斜センサーが停止します。
    もう一度タッチすると、侵入/傾斜センサーは再びセットされます。
    侵入/傾斜センサーをOFF/ON にするたびに、センターディスプレイのシンボルが変化します。

知識

侵入・傾斜センサーの作動・停止について
  • 侵入・傾斜センサーの作動を停止しても、オートアラームは作動します。

  • 侵入・傾斜センサーを停止したあとにパワースイッチを押すか、スマートエントリー&スタートシステム・ワイヤレスリモコンによるロック解除操作を行うと、侵入・傾斜センサーは復帰します。

  • オートアラームの設定を解除するたびに侵入・傾斜センサーは復帰します。

侵入センサーについての留意事項

次のような場合、侵入センサーの検知によりオートアラームが作動することがあります。状況に応じ、侵入センサーを停止してからアラームを設定してください。

  • 車内に乗員やペットなどを残して車両から離れる場合

  • ドアガラスなどが開いている場合、次のものを検知することがあります。

    • 室内に入った落ち葉・虫・風など

    • 他車の侵入センサーなどが発する超音波

    • 室外の歩行者の動き

  • 蛾やハエなど小さな虫が車内にいる場合

  • マスコットやアクセサリーをぶら下げた状態で取り付けたり、コートフックに衣類をかけているときなど、動きやすいものが車内にある場合

  • 立体駐車場のような振動や騒音の激しい場所に駐車したとき

  • 雪かきやガラスに付着した氷を削り落とす際に、連続的な衝撃や振動が車両に伝わったとき

  • 高圧洗車機や自動洗車機などを使うとき

  • ひょうや落雷などにより、連続的な衝撃や振動が車両に伝わったとき

傾斜センサーについての留意事項

次のような場合、傾斜センサーの検知によりオートアラームが作動することがあります。状況に応じ、傾斜センサーを停止してからアラームを設定してください。

  • フェリー・トレーラー・列車などで運搬するとき

  • 立体駐車場に駐車したとき

  • 車両移動をともなう洗車機を使用するとき

  • タイヤ空気圧が少ないとき

  • ジャッキアップするとき

  • 地震や路面陥没が起きたとき

  • ルーフキャリアにスキー板やスノーボード等を積んだり、荷降ろしするとき

注意

侵入センサーを正しく作動させるために
  • センサーの穴はふさがないようにしてください。

  • センサーの穴に向かって、直接消臭スプレーなどを噴霧しないでください。

  • 運転席と助手席のシートのあいだに、レクサス純正品以外のアクセサリーを装着したりものを放置したりすると、検知性能が低下することがあります。

合わせて見られているページ

このページは役に立ちましたか?