PKSB(パーキングサポートブレーキ)

PKSB(パーキングサポートブレーキ)は、駐車時などの低速走行時に作動対象を検知した場合、警報と自動ブレーキ制御で作動対象との衝突被害の軽減に寄与するシステムです。

駐車支援機能

システムは次のものを作動対象として検出しています。(機能によって、作動対象が異なります)

警告

安全にお使いいただくために

システムを過信しないでください。システムを過信すると思わぬ事故につながるおそれがあり危険です。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
道路状況、車両状態および天候など、状況によっては作動しない場合があります。
センサー、レーダーでの検知には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。

  • 安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。PKSB(パーキングサポートブレーキ)は作動対象への衝突を緩和し、衝突被害軽減に寄与できる場合がありますが、状況によっては作動しない場合もあります。

  • PKSB(パーキングサポートブレーキ)は、完全に車両を停止させるシステムではありません。また、車両を停止させることができたとしても、ブレーキ制御は約2秒で解除されるため、すぐにブレーキペダルを踏んでください。

  • 故意に車や壁に向かって走行するなど、システムの作動を確認する行為は大変危険です。絶対におやめください。

パーキングサポートブレーキをOFFにするとき

次のときは、PKSB(パーキングサポートブレーキ)をOFFにしてください。衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合があります。

  • 点検などで、シャシーローラー・シャシーダイナモ・フリーローラーなどを使用する場合

  • 船舶・トラックなどへ積載する際の進入時

  • ローダウンサスペンションや、純正と異なるサイズのタイヤを取り付けた場合

  • 積載状況などにより車高が著しく変化した場合(ノーズアップ、ノーズダウンなど)

  • センサー付近にけん引フック・バンパープロテクター・バンパートリム・サイクルキャリア・除雪装置(スノーブラウ)などを取り付けたとき

  • 自走式洗車機を使用する場合

  • 事故や故障で自車の走行が不安定なとき

  • オフロード走行やスポーツ走行をするとき

  • タイヤの空気圧が適正でないとき

  • 著しく摩耗したタイヤを装着しているとき

  • タイヤチェーン・タイヤパンク応急修理キットを使用しているとき

  • 車両けん引時

サスペンションの取り扱いについて

車高や車の傾きが変化すると、センサーが作動対象物を正しく作動できなくなり、システムが正しく作動しなくなるおそれがあり危険です。サスペンションの改造はしないでください。

システムを作動させるには

センターディスプレイのから、PKSB(パーキングサポートブレーキ)機能のON/OFFを切りかえることができます。(→パーキングサポートブレーキ

PKSBシステムがOFFのとき、運転支援情報表示灯(→表示灯一覧)が点灯し、マルチインフォメーションディスプレイにメッセージが表示されます。

OFF(非作動)に切りかえて、PKSB(パーキングサポートブレーキ)を停止させた場合、再度、センターディスプレイでON(作動)に切りかえないとシステムは復帰しません。(パワースイッチの操作では復帰しません)

EVシステム出力抑制制御・ブレーキ制御の表示・ブザーについて

EVシステム出力抑制制御・ブレーキ制御が作動したときは、ブザーでお知らせするとともに、センターディスプレイおよびマルチインフォメーションディスプレイにメッセージが表示されます。

出力抑制制御は状況により、加速制限制御か出力最大抑制制御のいずれかが作動します。

EVシステム出力抑制制御作動中(加速制限制御)

  • 一定以上の加速をシステムが制限しているとき

  • センターディスプレイ:表示なし

  • マルチインフォメーションディスプレイ表示:“加速抑制中です”

  • 運転支援情報表示灯:消灯のまま

  • ブザー:ポーン(単発音)

EVシステム出力抑制制御作動中(出力最大抑制制御)

  • 通常よりやや強めのブレーキ操作が必要だとシステムが判断したとき

  • センターディスプレイ表示:ブレーキ表示

  • マルチインフォメーションディスプレイ表示:ブレーキ表示

  • 運転支援情報表示灯:消灯のまま

  • ブザー:ピー(断続音)

ブレーキ制御作動中

  • 急ブレーキが必要だとシステムが判断したとき

  • センターディスプレイ表示:ブレーキ表示

  • マルチインフォメーションディスプレイ表示:ブレーキ表示

  • 運転支援情報表示灯:消灯のまま

  • ブザー:ピー(断続音)

システム作動により車両停止

  • ブレーキ制御作動後に車両が停止したとき

  • センターディスプレイ表示:“ブレーキを踏んでください”

  • マルチインフォメーションディスプレイ表示:“アクセルが踏まれています ブレーキを踏み直してください”
    アクセルが踏まれていない場合は“ブレーキを踏んでください”が表示されます。

  • 運転支援情報表示灯:点灯

  • ブザー:ピー(断続音)

PKSB(パーキングサポートブレーキ)の作動について

PKSB(パーキングサポートブレーキ)は、衝突の可能性がある作動対象(壁などの静止物、後方接近車両や後方歩行者)を検知したとき、EVシステムの出力を抑制することにより車速の上昇を抑えます。(EVシステム出力抑制制御:図2)また、そのままアクセルぺダルを踏み続けた場合は、ブレーキをかけ減速させます。(ブレーキ制御:図3)

  • 図1(PKSB(パーキングサポートブレーキ)非作動時)

  1. EVシステム出力
  2. 制動力
  3. 時間
  • 図2(EVシステム出力抑制制御時)

  1. EVシステム出力
  2. 制動力
  3. 時間
  4. EVシステム出力抑制制御開始(作動対象と衝突の可能性があるとシステムが判断したとき)
  • 図3(EVシステム出力抑制制御かつブレーキ制御時)

  1. EVシステム出力
  2. 制動力
  3. 時間
  4. EVシステム出力抑制制御開始(作動対象と衝突の可能性があるとシステムが判断したとき)
  5. ブレーキ制御開始(作動対象と衝突の可能性が非常に高いとシステムが判断したとき)

知識

PKSB(パーキングサポートブレーキ)が作動したときは

システム作動により車両が停止した場合、PKSB(パーキングサポートブレーキ)が非作動になり、運転支援情報表示灯が点灯します。また、PKSB(パーキングサポートブレーキ)が作動した場合でもブレーキ制御は2秒で解除されるため、そのまま発進できます。また、ブレーキペダルを踏んでも解除されるため、再度アクセルペダルを踏むと発進できます。

PKSB(パーキングサポートブレーキ)の復帰について

システム作動によりPKSB(パーキングサポートブレーキ)が停止したあとに、PKSB(パーキングサポートブレーキ)を復帰させたい場合は、PKSB(パーキングサポートブレーキ)を再度ONにする(→システムを作動させるには)か、パワースイッチをいったんOFFにしてから、再度ONにしてください。

また、次の状況でも自動的にPKSB(パーキングサポートブレーキ)が復帰し、運転支援情報表示灯が消灯します。

  • シフトポジションをPにした

  • 進行方向の作動対象がなくなった状態で車両を走行させた

  • 車両の進行方向が切りかわった

パーキングサポートブレーキ(前後方静止物/周囲静止物[Advanced Park装着車])

駐車時や低速走行時において、壁などの静止物への衝突のおそれがあるときや、アクセルペダルの踏み間違いや踏みすぎによる急発進、および、シフトポジションの入れ間違いによる発進時に、センサーが前後進行方向の静止物や周囲静止物(Advanced Park装着車)を検知するとシステムが作動し、衝突を緩和し衝突被害低減に寄与します。

システム作動例(前後方静止物)

次のようなときに進行方向の静止物を検知してシステムが作動します。

  • 低速走行時にブレーキペダルを踏み損なってしまった、または踏み遅れてしまったとき

  • アクセルペダルを踏みすぎてしまったとき

  • シフトポジションの選択を誤って発車してしまったとき

システム作動例(周囲静止物)(Advanced Park装着車)

次のようなときに周囲の静止物を検知してシステムが作動します。

  • 前進中に内輪差で巻き込みによる衝突

  • 後退中に外輪差で巻き込みによる衝突

知識

パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)の作動開始条件

運転支援情報表示灯が点灯(→警告灯/表示灯, 運転支援情報表示灯)しておらず、次の条件をすべて満たすと作動します。

  • EVシステム出力抑制制御

    • PKSB(パーキングサポートブレーキ)をON(作動)にしているとき

    • 車速が約15km/h以下

    • 車両進行方向に作動対象となる静止物があるとき(約2~4m先まで)

    • 衝突回避には、通常よりやや強めのブレーキ操作が必要とシステムが判断したとき

  • ブレーキ制御

    • EVシステム出力抑制制御作動中

    • 衝突回避には、急ブレーキ操作が必要とシステムが判断したとき

パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)の作動開始条件

前後方静止物の作動条件に加えて、次の条件のいずれかを満たすと作動します。

  • EVシステム始動後、車両が約7m移動するあいだ

  • シフトポジションがRのとき

  • シフトポジションをRからDにしたあと、車両が約7m移動するあいだ

パーキングサポートブレーキ(前後方静止物/周囲静止物)の作動終了条件

次のいずれかの条件のときに作動が終了します。

  • EVシステム出力抑制制御

    • PKSB(パーキングサポートブレーキ)をOFF(非作動)にしたとき

    • 通常のブレーキ操作で衝突回避が可能になったとシステムが判断したとき

    • 車両進行方向の作動対象となる静止物がなくなったとき(約2~4m先まで)

  • ブレーキ制御

    • PKSB(パーキングサポートブレーキ)をOFF(非作動)にしたとき

    • ブレーキ制御により車両が停止して約2秒が経過したとき

    • ブレーキ制御により車両が停止したあとに、ブレーキペダルを踏んだとき

    • 車両進行方向の作動対象となる静止物がなくなったとき(約2~4m先まで)

システムが正しく検知できないことがある静止物

システムが正しく検知できないことがある静止物

巻き込み警報機能について

巻き込み警報機能について

システムが正常に作動しないおそれのある状況

システムが正常に作動しないおそれのある状況

前後方静止物の衝突の可能性がなくてもシステムが作動する状況

衝突の可能性がなくてもシステムが作動する状況

周囲静止物の衝突の可能性がなくてもシステムが作動する状況

前後方静止物の作動条件(→衝突の可能性がなくてもシステムが作動する状況)に加えて、縦列駐車時など側方の幅寄せする場合、センサーが検知しないおそれがあります。

パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)

後側方レーダーセンサーで自車の右後方または左後方から接近している車両を検知し、システムが衝突の危険性があると判断した場合にブレーキ制御をすることで、接近車両への衝突を緩和し衝突被害軽減に寄与します。

システム作動例(後方車両)

次のようなときに進行方向の車両を検知してシステムが作動します。

後退時、車両接近中にブレーキペダルを踏み損なってしまった、または踏み遅れてしまったとき

知識

パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)の作動開始条件

運転支援情報表示灯が点灯(→警告灯/表示灯, 運転支援情報表示灯)しておらず、次の条件をすべて満たすと作動します。

  • EVシステム出力抑制制御

    • PKSB(パーキングサポートブレーキ)をON(作動)にしているとき

    • 車速が約15km/h以下

    • 後側方から接近する車両の車速が約8km/h以上

    • シフトレポジションがRのとき

    • 接衝突回避には、通常よりやや強めのブレーキ操作が必要とシステムが判断したとき

  • ブレーキ制御

    • EV出力抑制制御作動中

    • 接近車両への衝突回避には、急ブレーキ操作が必要とシステムが判断したとき

パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)の作動終了条件

次のいずれかの条件のときに作動が終了します。

  • EVシステム出力抑制制御

    • PKSB(パーキングサポートブレーキ)をOFF(非作動)にしたとき

    • 通常のブレーキ操作で衝突回避が可能になったとき

    • 自車後側方への接近車両がなくなったとき

  • ブレーキ制御

    • PKSB(パーキングサポートブレーキ)をOFF(非作動)にした

    • ブレーキ制御により車両が停止して約2秒が経過したとき

    • ブレーキ制御により車両が停止したあとに、ブレーキペダルを踏んだとき

システムが正常に作動しないおそれのある状況

システムが正常に作動しないおそれのある状況

衝突の可能性がなくてもシステムが作動する状況

衝突の可能性がなくてもシステムが作動する状況

パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)

車両後退時、リヤカメラが検知した車両後方にいる歩行者と接触する可能性が高いとシステムが判断した場合は、警報やブレーキ制御により、後方歩行者との衝突を緩和し、衝突被害軽減に寄与します。

後退時、歩行者が車両後方に接近中、ブレーキペダルを踏み損なってしまった、または踏み遅れてしまったときにシステムが作動します。

後方歩行者の画面表示

車両後方の歩行者を検知すると自動的にセンターディスプレイ上に表示され、回避操作を促します。

  1. 歩行者検知表示
  2. ブレーキ表示

警告

万一、PKSB(パーキングサポートブレーキ)が誤って作動したときは

パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)作動後はすぐにブレーキを踏んでください。(ブレーキを踏むとシステムは解除されます。)

パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)を正しくお使いいただくために

安全にお使いいただくために

知識

パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)の作動開始条件

運転支援情報表示灯が点灯(→警告灯/表示灯, 運転支援情報表示灯)しておらず、次の条件をすべて満たすと作動します。

  • EVシステム出力抑制制御

    • PKSB(パーキングサポートブレーキ)をON(作動)にしているとき

    • 車速が15km/h以下

    • シフトポジションがRのとき

    • 自車後方に歩行者がいるとき

    • 衝突回避には、通常よりやや強めのブレーキ操作が必要とシステムが判断したとき

  • ブレーキ制御

    • EVシステム出力抑制制御作動中

    • 後方歩行者との衝突回避には、急ブレーキ操作が必要とシステムが判断したとき

パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)の作動終了条件

次のいずれかの条件のときに作動が終了します。

  • EVシステム出力抑制制御

    • PKSB(パーキングサポートブレーキ)をOFFにしたとき

    • 通常のブレーキ操作で衝突回避が可能になったとき

    • 後方歩行者がいなくなった、または検知できなくなったとき

  • ブレーキ制御

    • PKSB(パーキングサポートブレーキ)をOFFにしたとき

    • ブレーキ制御により車両が停止して約2秒が経過したとき

    • ブレーキ制御により車両が停止したあとに、ブレーキペダルを踏んだとき

システムの復帰について

PKSB(パーキングサポートブレーキ)の復帰について

システムが正常に作動しないおそれがあるとき

システムが正常に作動しないおそれがあるとき

システムが作動するおそれがあるとき

システムが作動するおそれがあるとき

このページは役に立ちましたか?